お金が借りれない 融資できない人はどうしたらいいか

お金が借りれない 融資できない人はどうしたらいいか。消費者金融などの審査落ちになった場合、2つの行動パターンがあります。1つはそれでも借りられる消費者金融を探す、もう1つは諦めるです。本当は、働ければ一番良いのですが、そんな環境ではない時には、簡単にキャッシングなどが良いかもしれません

お金が借りれない方はこちら

お金借りれない

お金借りれない 関連記事

お金が借りれない融資できない人はどうしたらいい
 
お金が借りれない方はこちら

お金借りれない原因とは

お金が借りれない融資できない人はどうしたらいいブラックリストと言っても様々な形があり、金融事故者、債務整理、金融庁
任意整理、自己破産者、多重債務、長期延滞などで金融ブラックと言われる方がメインだと思います。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングに融資の申し込みをしても、必ずしも審査に通るとは限りません。
よくショッピングモールや大型店などでクレジットカードのキャンペーンを行っていることがありますが、気軽に申し込みをしたところ審査落ちの通知が来てガッカリすることがあります。
審査に通らずお金借りれない原因とは、どんなことが考えられるのでしょう。

申し込み用紙や申し込みフォームには、勤務形態や年収などの個人情報の項目があります。
年収が少な目の場合、融資をする側としては貸し付けをした資金を返済してもらわなければ赤字になってしまいますので、ある程度以上の年収がある方でないと融資が難しくなってしまいます。

現在の職場で勤務し続けていても給料が上がる見込みがないという場合、副業をするという選択肢もあります。
一ヶ所にこだわらなくても年収をアップすることができれば、カードローン審査もキャッシング審査も通りやすくなるでしょう。

年収が一定以上の高い場合でも、お金借りれない可能性がでてくるケースもあります。
それは、その職種が不安定な場合です。
ただ、上記の年収が少な目なケースと比較すると、まだ不安定な職業に就いていて高い年収を得ている人の方が審査には通りやすいといえます。
「審査結果が知らされるまで少し待たされた」「利用限度額が希望額より少なめだった」というくらいなので、お金借りれないというほどのことではありません。

新規で金融機関に融資の申し込みをするとき、それまでに他の銀行や消費者金融系カードローンなどの利用歴があるとします。
あまりにも他社借入件数が多過ぎると、新規でお金借りれないことにつながります。
とはいっても、絶対に審査に不利だというほどのことではありません。

意外に思われるかもしれませんが、複数の借入先から借金をしていることは、必ずしも審査に不利というわけではありません。
それは、毎月の返済期日が守られている場合の話です。
クレジットヒストリーと呼ばれるものがあり、借入をして返済を繰り返すことは、その人はしっかり約束を守る人だという実績につながっています。
貸し付け業者側としては、信頼して取引ができる相手だと解釈していますので、むしろ審査に通りやすい人といえます。

ブラックの借入者は大手の金融業者では借りれないので、総量規制対象外の銀行ローンの審査に通れば良いのですが、それも期待出来そうにないので、中には大事なブランド品を質入したりして何とか現金に変えたりしています。

お金が借りれないで返済、生活に困っている時に、何とか少額でも借りれる街金を探したい気持ちは良く分かります。
消費者金融業者も営利企業ですので審査基準があり、返済が出来ない人には融資できないのが前提ですが、収入があれば貸してくれる所もあります。

また、大手消費者金融は審査が厳しく、借りれない人も多いですが、中小消費者金融では借りれたというパターンも多いです。
消費者金融選びが如何に大事なのかと解ります。
その難関である審査ですが、金融業者によって甘さが違います。

審査の質問内容としては、新規登録なのか、電話(携帯電話、固定電話)、自宅情報、勤続年数、専業主婦、キャッシング経験者、返済トラブル、申し込みブラック、他社ローンの残高などで信用度が数値化されます。
特に、銀行系や大手キャッシングは審査が厳しい傾向があります。

実際に今抱えているローンも事業者ローン、フリーローン、低金利ローン、住宅ローン審査に取っている人でも収入と返済のバランスで通らない事もあります。
ネットの口コミ掲示板を見ても、私たち消費者の質問者に対して専門家が回答してくれている物も多く、目を通して見るのも勉強です。
銀行カードローンは審査条件が総量規制外ですので、他で借りれない人でも借りれる場合もあります。

 
お金が借りれない方はこちら
 

▲TOPにもどる


多重債務者でお金借りれない

お金が借りれない融資できない人はどうしたらいい銀行は金利が有利だけれどその分審査が厳しい、中小消費者金融は比較的ブラックなどでも借入に期待できるなど世間ではいろいろといわれています。

お金を借りたい申込者が自己破産していても、借入出来る金融会社が有るのでしょうか?
実は無いことは無いのです。
貸金業者でも大手金融機関や大手消費者金融だと無理ですが、中堅消費者金融会社、中小キャッシング会社だと少々ブラックでも返済出来る方であればお貸しする事が出来ます。

金融機関の規模や特徴を問わずどこに申し込んでもお金借りれない場合、それなりに原因があると考えられます。

複数の借入先から借金をする、多重債務者状態になってはいないでしょうか。
借入総額が多いというだけで、借入先の件数が少ない場合、多重債務と一見似ているものの実はこちらはお金借りれないことの原因にはなりません。
むしろ、一カ所からある程度まとまった資金の融資を受けられているということでしたら、それだけの貸し付けをしても返済能力があると判断された人材なので、むしろ審査に有利に働きます。

申し込みをしたとき、人それぞれ異なる利用限度額が提示されるのですが、この金額が高いほど融資をしても貸し倒しするリスクが低くしっかり返済してくれるだろうと判断されたことになります。
申し込みフォームに希望の限度額を入力する欄があるのですが、希望額がそのまま審査に通ることもあれば、少ない金額しか通らないこともあります。
少ない金額であっても、1円もお金借りれないよりはいいのですが、その金融機関の評価がわかる部分でもあります。

現在消費者金融などは貸金業法の総量規制がありますので、いくら大きな金額を希望しても、年収の3分の1までしか貸し付けできない法律が現在はあります。
総量規制で消費者金融などでは年収3分の1以上の金額が認められることはありませんが、貸金業法が適用されない銀行なら総量規制は関係がありません。

他業者からの借り入れ金額も含めて合計で年収の3分の1より少額を希望し、その全額のお金借りれないとしても、時間に余裕があるならもっと大きな金額の融資を受けられるようにする努力はできます。
借入をして、毎月確実に返済期日を守っていけば、信用の実績を積み上げることができます。
ある程度の期間をかけて信用の実績を積み上げていったら、利用限度額の見直しをしてもらうよう申請をするのです。
そうするとクレジットヒストリーとして最初に申し込みをしたときより実績ができていますので、前回より多額の融資を受けられるようになることが十分あります。

あまりにも多重債務になってしまっている場合は、おまとめローンに借り替えをして一本化するという選択肢もあります。
どうして金利が負担で返済が困難だという場合は、債務整理をする方法もあります。
こうして探してみるとまだまだ意外とできることがあるかもしれませんので、可能なことからトライしていってみてはいかがでしょうか。
 
お金が借りれない方はこちら
 

▲TOPにもどる


金融機関からお金借りれないなら生協を減額へ

お金が借りれない融資できない人はどうしたらいい借りる人も色々、貸す方も色々有って、消費者金融会社でも中小金融機関、中堅消費者金融などの貸金業協会に登録している正規金融業者から、街金と言われる金融業者、中小金融キャッシング会社、そして個人間融資掲示板、お金貸します掲示板などのお金貸してくれる人を探したり、闇金業者で借りる人もいます。

お金が必要になったとき、一般の金融機関から借金をしたり、家族や知り合いなどからお金を借りることなどが手段として頭に浮かびます。
しかし、借り入れをする方法以外にも意外な方法で資金を用意できる場合があります。
もしあなたが生協の積み立てをしているなら、共済保険の積立金を崩して減資することで、お金を作り出すことが可能です。

生協とは生活協同組合の愛称で、一般市民の生活レベルをアップさせることを目指す協同組合です。
生協は幅広い事業を展開しているのですが、最も身近なのはスーパーのコープ(coop)や大学の生協などではないでしょうか。
以前には「生協の白石さん」という、大学内の生協の担当者さんが学生たちからの問い合わせに対応するやり取りが書籍となり、大ヒットして注目を集めました。

生協に出資をしているなら、このお金はおおまかにいえば銀行の口座にある預金に似た性質のものなので手元に返すこともできます。
ただ、本当の銀行に預けたお金と違う部分がありますので、その性質をしっかり理解しておくことが重要です。

生協に出資をすることは預金をするようなもので、「増資」という表現が使われています。
預金を引き出すのは、「減資」です。
減資はいつでもできるというわけではなく、一定の期間があります。
しかし、定められた期間外の時期でもお金借りれないので生協の減資をして資金を作りたいということも当然あるはずです。

そんなときは、主に2通りの手段があります。
生協は「助け合い」の理念によって運営されている組織なので、どうしても困っているという事情を伝え相談をすれば、融通をきかせてもらえる可能性があります。
相談した事情が、例えば遊ぶお金がないからなどのあまり同情しずらい内容の場合は応じてもらいにくいかもしれません。

2つ目の手段としては、加入している生協を脱退することです。
抜ける場合は全額の出資金を返さなければなりませんので、他に方法がなくなったら脱退するのもアリでしょう。
脱退してしまったら、せっかく加入してコツコツ出資し続けてきた共済保険が台無しになるのではと心配になりますが、抜けてからできるだけ迅速に別の生協に入り直せば継続が可能です。
手続きがわずらわしいかもしれませんが、闇金を利用するしか他に手がないとなったら、生協を利用した方が安全です。
 
お金が借りれない方はこちら
 

▲TOPにもどる


家族に内緒でお金借りれない?

お金が借りれない融資できない人はどうしたらいい不況が続く中、依然としてサラリーマンの1ヶ月あたりのお小遣いは厳しい状況にあります。
つき合いでお金が必要になったり、もっと趣味にお金を使いたいということもあるでしょう。
しかし、、家族に相談したところでまだまだ子供の教育資金を貯めなければならなかったり、住宅ローンが残っているなどお小遣いの見直しが難しいかもしれません。

家族に内緒でお金借りれないものなのでしょうか。
消費者金融と銀行カードローンとで、それぞれに家族に知られることなく借り入れができる方法があります。

どうしても借りれないけれどキャッシュカードを持っている人は、クレジットカードのキャッシング枠を使ったり、クレジット現金化、現金化サービスをする現金化業者も存在しています。
この辺はグレーゾーンで換金率が低い事がポイントで、問題になっています。

銀行カードローンは一般的な申し込み方法で手続きをしてしまいますと、自宅に郵送物が届いてしまいますので、それで家族に知られるリスクがあります。
消費者金融でしたら、通常の申し込み手続きを行っても書類の発行は無人契約機や自動契約機で発行し受け取ることができます。
郵便物が届く心配がありませんから、内緒でキャッシングができます。

銀行カードローンはさまざまな銀行が扱っている商品ですが、銀行の中でも三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行でしたら無人契約機や自動契約機がありますので、こちらの2行のカードローンに関しては郵送物が自宅に届かないようにすることができます。

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行以外の銀行でも、家族に知られることなく融資を受ける方法はあります。
それは、普通預金用のキャッシュカードが兼用タイプの銀行を選ぶことです。
兼用タイプは、最初から2機能を搭載しているものに申し込む方法と、すでに口座をお持ちでキャッシュカードがお手元にあるならあとからカードローン機能を追加してもらう方法があります。

兼用のカードのデザインはキャッシュカードと同じで、機能が多いというだけですから、お財布に入っていてもそれを見た人にカードローンの利用をバレる心配はありません。
これまで普通預金口座を持っていて、カードが同じだと、本当にカードローンが利用できるか不安になるかもしれませんね。
ATMにカードを入れてみると、これまでのメニュー画面に「カードローン」の項目が増えていますので、そちらで確認することができます。
いざというときにすぐお金を準備できる手段があれば、備えになりますので、ぜひ手続きをしてみてはいかがでしょうか。
 
お金が借りれない方はこちら
 

▲TOPにもどる


配偶者が借金をしていたらお金借りれない?

お金が借りれない融資できない人はどうしたらいい銀行や消費者金融に融資の申し込みをしてみたところ、審査に通らずお金借りれないということがあります。
基本的に申し込みをした本人が審査落ちをしたと考えるのが普通なのですが、落ちる理由に思い当たらないこともありますよね。

金融機関は審査に通らなかった理由を教えてくれないので、原因がわからずに他の理由を探してみたくなることもあるでしょう。
例えばですが、もし配偶者が多額の借金をしていたら、その夫または妻はそのことが原因で融資を断られることがあるのでしょうか。

審査をするときは個人信用情報機関のデータベースを確認しますが、申し込み者の情報だけを閲覧することが認められています。

配偶者などいくら家族や親類であっても、融資の申し込みとは関係がない人の個人信用情報機関のデータを見ることは法律で禁止されています。
ですから、配偶者がどんなに莫大な借金を抱えていても、その夫または妻の審査が影響を受けることはありません。

ただ、その融資が連帯保証人を必要とするもので、それに配偶者の名前がある場合その人も審査の対象となります。
審査の結果多額の借金の存在が明らかになり、十分な返済能力がないと判断されれば、審査落ちすることはあります。
連帯保証人になっていない限りは、配偶者の借金が原因で融資を断られることはないというわけです。

冷静に見直してみると、意外な盲点が審査落ちの原因になっていることもあります。
例えば、現在消費者金融は貸金業法によって、申し込み者の年収の3分の1までしか貸し付けができない法律になりました。
法改正が行われる以前から消費者金融を利用している場合、変わったことをそもそも知らない方もいらっしゃるでしょう。
複数の他社から借り入れをしているなら1カ所だけでなく、全社の合計を合算した総額が年収の3分の1より少なくなければいけません。

すでに借り入れをしている金額が年収の3分の1に近いと、それだけで新規の融資を断られることもあります。
複数個所から借り入れをしている場合は、残高の合計を出してみれば審査落ちの原因が明らかになるかもしれません。

多くの方が気になるのは、これまで自分が審査落ちした以外の金融情報で、特に直ぐに借りれるキャッシング情報は誰もが毎日知りたい情報だと思います。
中には無審査キャッシング、審査なし即日融資などで勧誘している会社もありますが、ヤミ金に手を出すと本当に返せなくなりますので、注意して下さい。
 

▲TOPにもどる

お金が借りれない方はこちら